FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【エロゲ】ラブラブル~Lover Able~

ラブラブル~Lover Able~
SMEE
発売日:2011-02-25
 
季節は夏。主人公・愛沢晴樹と、その妹・花穂は、両親の仕事の都合により引っ越しを余儀なくされた。
様々な事情により叔父の元へ預けられることになったふたり。両親と叔父の交わした約束により、ふたりは新しい町で叔父の経営するカフェレストランで、バイトをしなくてはならなくなる。これから向かう店がどんなカフェか想像を膨らませる妹に、世話になる叔父に失礼の無いよう気を引き締める兄の晴樹。そんなふたりの期待を裏切るように、今日もビーチサイドカフェ・フルーティアからは、叔父でもある店長の悲痛な叫びが木霊する。
白い砂浜と店長の悲鳴が絶えない、都心から電車で気軽に足を運べる活気に満ちたリゾートシティ。
夏の予定は白でいい。一から始まる出会いと絆。ちょっとだけ口に出すのが恥ずかしい、ハッピーエンドな恋、今始まる。


さて、前々から紹介したいなぁと思いつつも、なんかすごく時間かかりそうだったのでなかなか手を付けられなかったとあるエロゲの紹介でございます。
ブログの趣旨には……反してないはず。だって最初の記事に「エロゲについても言及するかも」って書きましたし。

まぁそれはともかく。これはどんな類なエロゲか。
ざっくばらんに言えば、キャラ萌え重視型のゲームでして、世界の命運をかけたり陰惨な打つ展開があったりギスギスした三角関係などない、ただただヒロインと主人公がチュッチュラブラブするためだけのゲームです。ストーリーなんて飾りです。エロい人にはそれがわからんのです(ヲイッ
なので、ヒロインに魅力が感じられなければ、その時点でこのゲームの価値は途端になくなります。まぁこの辺は感性の問題になるんですけどね。……てか、ゲームは基本的に感性の問題か。ウン。
で、そのヒロインたちは例外なくみんな可愛いんですよコレが! この手のゲームって、1人や2人は基本的に好みじゃないヒロインがいても不思議じゃないんですが、もうみんな可愛い! 全員嫁に欲しい黙れコラ。

共通ルートでは、変わり者の主人公とヒロインたちが、学園やバイト先で交流を持っていく様子をギャグやコメディを交えて展開していき、個別ルートに入ると後はひたすらヒロインとイチャイチャこきまくるダダ甘展開となっていくでありんす。
それじゃ、軽くヒロインや個別ルートの感想でも。


ラブラブル~lover able~2011.02.25発売予定!
 
琴宮千夏(ことみや ちなつ) 
CV:夏野こおり 

メインヒロイン。気さくなお嬢様風な転校生で、学園のアイドルとかプリンセスとかそんな感じに注目を浴びる娘なんですが、実は少々スペックが残念だったりするキャラ。妹の美冬のほうが出来る娘なので、なおさら際立って見えるというw
個別ルートに入ると、もう常に腕組をせがんでくるようなベタ甘な物語が展開されまする。そんな時でもドジな才能は如何なく発揮され、初めて家に招待された時に妹へ報告メールをしたのを、間違って主人公へ送信してしまい後で弄られることにw 何この可愛いドジっ娘。てか、主人公もいい性格してるわw


ラブラブル~lover able~2011.02.25発売予定!
 
愛沢花穂(あいざわ かほ) 
CV:春日アン

3つ違いの実妹。言うまでもなく私のお気に入りです。きんしん、そうかん!(゚∀゚)o彡゜ 近親、相姦!(゚∀゚)o彡゜(ちなみに背徳感はほぼゼロに等しい。好みが分かれるところではありますが)
マンションの一室で主人公である兄と一緒に寝食をともにしてるんですが、年頃の男女が兄妹とは一緒の部屋はどうよと小一時間。まぁ別に全然構わないんですが(ヲイッ
ゲームスタートの初っ端から変わり者の主人公と漫才ができるくらいにノリの良い娘で、学力とか運動とかバイト先での働きぶりも高スペック少女。兄をからかったりして楽しむ小悪魔的な少女かと思いきや、ときたま主人公へ純粋に甘えてくることもあったりして、もうドキドキしっぱなしじゃコノヤロー!!w
個別ルートになるとその甘えっぷりに拍車がかかるかかる。しかも全ヒロイン中のエロス指数を誇ったり、スタッフの彼女への思い入れが垣間見えます。


ラブラブル~lover able~2011.02.25発売予定!
 
姫野つぐみ(ひめの つぐみ) 
CV:遠野そよぎ

主人公の後輩で、バイト先では先輩な娘。全ヒロイン中、一番小柄(年齢的には花穂なんですが)。
スタート時点では男性恐怖症のためオドオドしている彼女ですが、序盤のイベントで一気に主人公へ好意的に。共通ルートの間でも、他のヒロインに比べて主人公をもっとも慕っているような描写がされています。
バイト先の先輩ではあるものの、若干テンパりやすい性格のためかドジることの多い彼女なんですが、個別ルートではそんな彼女のしっかりした一面が覗けます。ちなみに彼女のルートが一番物語として長かったり。


ラブラブル~lover able~2011.02.25発売予定!
 
三枝奈々子(さえぐさ ななこ) 
CV:柚木かなめ

バイト先の上司。店長がぐーたらな人間のため、実質彼女がバイト先のリーダー的存在に。
仕事はもちろん、人当たりも良くてスタッフや常連客からの評判も良い「出来る大人」ですが、恋愛に疎いという分かりやすい性格w 個別ルートの序盤~中盤まではそんな「出来る大人」の彼女がワタワタする様が見れてニマニマw でも終盤になると自然体で主人公とカレカノとして接していけるようになり、彼女の心境の変化を見ることができます。
あと基本的に重い話のないこのゲームにおいて、将来の夢や今後の身の振り方などを考えさせられるなど、少々修羅場るところがあるもの特徴かと。


ラブラブル~lover able~2011.02.25発売予定!
 
柳瀬さつき(やなせ さつき) 
CV:春乃伊吹

主人公のクラスメイト。ボクっ娘。
不思議系なキャラかと思いきや、少々物静かなだけで全然社交性のある良い娘なんです。共通ルートの中盤でバイト先で一緒に働くことになり、彼女の高スペックぶりを見ることができます。
個別ルートではまったりとしたこのゲームらしいゆるゆるな物語が展開され、彼女の可愛い様子が描写されます。携帯メールを両手じゃないと打てないとか、何それ萌えるw
ただし、何故か彼女のルートは全ヒロイン中短い(つぐみの約半分くらい)。


いやはや、ホント素晴らしいキャラ……もといゲームですよコレは! 自分で言うのもおこがましいですが、いい買い物でした。
ちなみに上のバナーは2/25発売とありましたが、今月末に通常版がリリース予定ですので、ロットアップの心配はしばらくないかと。興味の出た方は、是非々々体験版をプレイの上、購入をば。
あと、公式サイトでインタビュー記事なんかも載ってますので、こちらもどうぞ。


ラブラブル~lover able~2011.02.25発売予定! 



おまけ。
余所様の感想リンク。私の稚拙な感想よりも素晴らしい内容なので、こちらもオススメしますw
近代衣服の残響の実験秋雨前線
てきとうなもの
Half Moon Diary
がーだぐ日記

続きを読む

スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

【自己解説】双子のイトコはおもちゃがお好き!?

さて、公開してから随分と経ってしまいましたが、そろそろ自己解説をば。


 【ヒロイン・主人公について】
今回は大冒険として、ヒロインを2人に増やしてみました。
当然のことながら、ヒロインの数が増えればそれ相応のバランス調整が必要となるわけでして、その調整に今回は気を使いましたね。
なので設定としては双子の従妹にして、姉・愛佳をぽややん巨乳の受け、妹・朋佳をクールな貧乳の攻めという、わりかし分かりやすいものにしました。
実は書き始めるまで、これは結構紆余曲折したのです。最初はなかなか物語を転がせなくて、色々設定を変遷させていき、しかし最終的には最初に思いついたコレをなんとかして書き切りたいと思い、これで固まったわけです。
「大人のおもちゃ好き」という設定と「主人公を好きになる」というこのファクターを、上手く繋げるのが大変だったのですが、結局は「最初から主人公への好感度はMAX」というパラメータ設定にしておくことで落ち着きました。

【大人のおもちゃについて】
私がよく読んでる小説なんかでは、よくよく出るアイテムなのでネタ的には困りませんでしたが、しかし数を揃えようとすると結構大変でしたね。
定番のバイブ・ローター・ビーズは押さえていくとして、4章に登場させた動物コスプレ衣装や、ラブホという舞台もそれに因んだものです。
まぁ問題は、それを出した後にどういう内容へ持っていくか、なわけなんですがね。

【エロシーン・シチュエーションについて】
自分で言うのもなんですが、今回は頑張ったと思うのです。
自室でのシーンに加え、ラブホ、学校の保健室と、場所もさることながら、ラブホでも拘束プレイ動物コスプレによる調教プレイ学校へおもちゃ装備させての焦らしプレイなど、よくもまぁこんなことばかり思いつくもんだよお前、と自分に呆れました。
加えて、愛佳・朋佳の好感度が最初からMAXということもあってか、序盤からフルスロットルでいけたのも大きかったですかね。
ちなみに私のお気に入りは、4章のコスプレのところです。ここ、かなり頑張りました。
……あれ? あんまり頑張ってるアピールしてるとウザがられる?(←既に手遅れ

【3Pの描写について】
これが一番の問題だったんですが、ヒロインが2人いれば、当然プレイの回数も2倍です。
それで内容はもとより描写も被ってはマズいと、なるべく意識して愛佳と朋佳で違うように心がけて書きましたが、ぶっちゃけ上手くいった感触がしなかったのですが……。
特に擬音なんて、そもそもそんなにバリエーションあるもんでもないので、かなり苦しかったです。後から読み返してみて「これさっきも同じようなこと書いてたよな……」って、後悔するようになるんでしょうねぇ。


【評判・反響について】
5/8午後10時の時点(公開から約2週間)で、感想1件・お気に入り登録109件、文章・ストーリー評価18点、総合評価254ptという評価を頂いてます。
特に感想は前作『幼馴染はキッスがお好き!?』と同じ方から頂けまして、もしかしてファンでも出来たんでしょうか? と自惚れ始めてます(ヲイッ
あと、またまた特集組んでもらいました。いつもありがとうございます。ここに取り上げてもらえることが私のモチベーションのひとつなわけでしてそーいうことは心の中だけで留めておいたほうがいいんでないかい?

【全体的に思ったこと】
前々作がシチュエーション・イチャラブ重視、前作が心情の変化やストーリー重視、そして今回はエロス重視で突っ走ったわけなんですが、書いてる途中でホントにエロしか書いてねーなと思い、前々作や前作みたいに日常シーンがほぼないことに愕然としてしまいました。
いくらエロくても、ヒロインに魅力を持ってもらえなければ、全く持って意味ナシ。エロに持っていくまで、愛佳や朋佳の魅力を語っておくのを失念してましたわ。まぁあのエロエロ思考が魅力である、という開き直りもできますが、それはちょっとねぇ……。
というより、今回感じたのは、私はドエロいものよりヒロインと主人公がチュッチュラブラブするようなシーンが書きたいんだと痛感しました。まぁ一作目みたいなヤツです。

【次回作について】
次……どうしましょうかね。色々ネタはあるんですが、とりあえずはまたピンヒロインに戻します。
そして、今回は書けなかったヒロインとのチュッチュラブラブなシーンを多めに書きたいですね。てか、そういう成分がここ最近、私に不足している。外から摂取できないのならば、体内精製(?)すればいんだよっ!
というわけで、次回は7月中旬を目標に頑張ります。……あーでも、一般のも何か書いてみたいかも。どうしようかね(ヲイッ


 

双子のイトコはおもちゃがお好き!?


両親の海外出張を機に、従妹の家に厄介になることとなった新条俊介は、数年ぶりに双子従妹の此花愛佳・朋佳と再会する。久しぶりに会った彼女たちと楽しい日々を過ごせることに心を躍らせる彼だったが、ふとしたことから彼は2人の秘密を知ってしまい……。

続きを読む

プロフィール

フミツキマサヒト 

Author:フミツキマサヒト 

個人趣味同人サークル
『フヅキ堂。』(旧『文月堂。』)の長。
主にエロ小説とエロ音声作品を作っています。作風は和姦や萌えが多いですが、やや趣向がマニアックである可能性が微レ存。オリジナル系同人イベントへの参加経験が何回かあります。
基本的にリアルでもネットでも引きこもり気質。褒められたりおだてられたりすると伸びるタイプ。

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新トラックバック
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。